2009年1月アーカイブ

滑液包破裂

スポーツの現場で起こる滑液包破裂

詳しくは⇒PDF

足関節捻挫

後遺症には気をつけろ

詳しくは⇒PDF

シンスプリント

「運動が痛い」は気をつけろ

詳しくは⇒PDF

アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎

「歩いても痛い」は最悪です・・・

詳しくは⇒PDF

種子骨障害

「足の親指が痛い」は気をつけろ!

詳しくは⇒PDF

オスグットとジャンパーズニー

膝が痛いを成長痛で終わらせるな!!

詳しくは⇒PDF

外脛骨

足の内側が出っ張ってきた!これって異常!?

詳しくは⇒PDF

スポーツ貧血

知ってました?スポーツをする人って貧血になるって!

詳しくは⇒PDF

プロテイン

たんぱく質とは、炭水化物や脂質と同じく三大栄養素と呼ばれる栄養素のひとつ。主に、体の成長、維持、代謝を促進させる触媒、そして、体の細胞の一つ一つを修復する栄養素として使われます。

詳しくは⇒PDF

マンガン

マンガン(Mn)は、地中の中に多く存在し、体内にも微量ながら含まれています。体内には約10~20mgほど存在しています。

詳しくは⇒PDF

リン

リンは、約80%がリン酸カルシウムやリン酸マグネシウムとして歯や骨に存在しています。この他にも筋肉や脳・神経・肝臓・肺などのほぼ全ての組織に含まれています。

詳しくは⇒PDF

ナイアシン

ナイアシンとは、ビタミンB3と呼ばれていた水溶性ビタミンです。糖質や脂質、タンパク質の代謝に非常に重要な働きをしている栄養素です。

詳しくは⇒PDF

葉酸

葉酸は、水溶性ビタミンでビタミンB群の一つです。
葉酸は、ビタミンMやビタミンB9、プテロイルグルタミン酸とも呼ばれています。

詳しくは⇒PDF

カリウム

カリウムは、人体のミネラル成分の中で3番目に多い成分で体重60kg の人で約200gあるといわれています。

詳しくは⇒ k.pdf

マグネシウム

マグネシウムは、必須アミノ酸で、体内で300種類以上の酵素反応に関係しエネルギー生産やホルモン分泌、体温の調整などにも関係する重要なアミノ酸なのです。特にカルシウムと深い関わりを持っています。

詳しくは⇒PDF

ビタミンB1

ビタミンB1 とは、水溶性のビタミンでチアミンとも呼ばれています。精神状態を安定させている働きもある事から『神経ビタミン』などとも呼ばれています。

詳しくは⇒b1.pdf

β-カロチン

β-カロチンは、体内で脂肪組織に貯蔵され、必要な分だけビタミンAに変わる栄養素です。主に緑黄色野菜などの植物性食品に含まれる色素。

詳しくは⇒PDF

パントテン酸(ビタミンB5)

パントテン酸とは、水溶性のビタミンで、ビタミンB群に含まれる栄養素です。1933年にwilliams らにより酵母の育成因子群『ビオス』として発見されました。

詳しくは⇒PDF

鉄は赤血球を構成する成分です。

詳しくは⇒PDF